特集コラム すぐきヨーグルトと私と

vol.7クレープ店”NagiCrepe”オーナー 井島 渚 さん

“食”という日本が世界に誇れる分野を良くしていく事業、”食”を通じて周囲の人を幸せにできる事業をしていきたいです

今回は、YouTubeですぐきヨーグルトとコラボして頂いた「茶茶カフェクッキング」を運営している井島渚さんにYouTubeチャンネルの運営や、オーナーとして運営しているクレープ店「NagiCrepe」のこと、また日々の暮らしのことについてお伺いしました。

大学2年生の時に、クレープのキッチンカー「茶茶クレープ」の経営を始めた井島さん。
現在は身体に優しいクレープ&焼菓子「NagiCrepe」のオーナーとして、桜上水でお店を経営しながら、チャンネル登録者数1910人(2022年1月現在)のYouTubeチャンネル「茶茶カフェクッキング」も運営しています。

ヘルシーで美味しいお菓子動画や、オリジナルのレシピ等作ることを楽しめる動画をお届けできたら

YouTubeをはじめたきっかけを教えてください。

YouTubeは、クレープのキッチンカーをやっている大学生のときに始めました。

知り合いがYouTubeを投稿していて、私も発信手段のひとつとしてやってみたいな、と思ったのがきっかけです。

クレープ作りの動画はもちろんですが、ヘルシーで罪悪感の少ないお菓子を工夫して自作するのが好きだったので、その製作風景も撮れたらいいな、と思いお菓子の動画も始めました。

どうせ作るなら市販では売られていないようなヘルシーで美味しいお菓子動画や、オリジナルのレシピ等作ることを楽しめる動画をお届けできたらと思っています。

高校生のときから「自分のカフェやパン屋さん」を開くのが夢でした

クレープ屋さんをはじめたきっかけを教えてください。

私は高校生のときから「自分のカフェやパン屋さん」を開くのが夢でした。

その夢の第一歩として、大学2年生のときにキッチンカーのクレープ屋さんを始めたのが最初です。

当時は「商品の幅が広げやすくてキッチンカーで営業しやすいお菓子」としてクレープを選んだのですが、そこからクレープの魅力(商品バリュエーションの多さや見た目のよさ、アレンジのしやすさ等)に気付かされ、大学卒業後に独立し、店舗を開業することになりました。

1店舗目は品川区で運営していましたが、現在はそちらを閉店し、世田谷区の桜上水で身体に優しいクレープ店(乳・卵・小麦不使用の生地とクリームを使用)を開業しました。

ワンオペのクレープ店とYouTubeなので、仕入~営業・事務まで全て1人でやらなくてはならない

現在YouTubeとクレープ屋さんの二足の草鞋ですが、やっていて嬉しかったことや、大変だったことはありますか?

大変だったことは山ほどあります。

ワンオペのクレープ店&YouTubeなので、仕入~営業、事務等まで全て1人でやらなくてはならないので…。また、他にも副業で事務業務などをやっています。

嬉しかったことは、何よりお客様が美味しくクレープやお菓子を食べてくれることです。

また、YouTubeのコメントで「作ってみたらとても美味しかったです!」というコメントがあると、とても嬉しく思います。

あとは、単純にお菓子やクレープを作ること自体が好きなので、作っている時間も結構楽しいと思って作っています。

今までのお話から、エネルギッシュな行動力が印象的な井島さんですが、こだわりの生活スタイルなどがあれば教えてください

特に決まりを作ることが苦手なので、健康のためなどで「毎日これをやる!」というのはあまり決めてないです(笑)

ただ、朝は余裕をもって起きて、自分の好きなことをしながらゆっくりする、というのは何年も心がけているルーティンです。

日々の食生活で大切にしていることや気を付けていることはありますか?

結構たくさん量を食べてしまうことが多いので、味が濃いものを最初に食べるのはやめるようにしています。

濃いものの後に味が薄いものを食べるのは難しいので… なので、お菓子を食べるときも作るときも、甘すぎないお菓子などヘルシーなものを食べるようにしていますし、そういう心がけをしていたら、素朴なお菓子が好きになりました。

“食”を通じて自分の周りにいる人たちを幸せにしたい

今気になっていることや、これからやってみたいこと、今後の目標などを教えてください。

フードテック(フード×テクノロジー)領域にとても興味があり、“食”という、日本が世界に誇れる分野を良くしていく事業や、“食”を通じて自分の周りにいる人たちを幸せにできる事業・仕事をしていきたいです。

味はほぼ豆乳で癖がなく、アレンジの幅が効くヨーグルト。市販のものより酸味が少なく食べやすい印象でした。

乳製品を使わないすぐきヨーグルト。作ってみて、食べてみて、いかがでしたか?

作り方がとても簡単で手軽だったのが一番衝撃的でした!

豆乳パックにそのまま粉末を入れるだけなのと、専用の発酵機を使わなくても作れてしまうので、本当に豆乳が1本あればいい、というのがよかったです。

ただ、常温が低い時期だとなかなか出来上がらなくて不安なのと、待ち遠しくはなりますね(笑)

今回チーズケーキにして食べましたが、チーズを使うよりも人によっては美味しいと感じるのではないかな、と思います!

チーズケーキにするのは面倒、というかたは、グラノーラやきな粉を入れて食べるのが、食感も楽しめておすすめです。

今回すぐきヨーグルトとコラボしてくださった動画はこちら。チーズ不使用のチーズケーキにアレンジしていただきました。ぜひたくさんの方に観ていただきたいです。

クレープ店"NagiCrepe"オーナー

井島渚

大学生の時からキッチンカーやシェアキッチンで開業し、卒業後は店舗でのクレープ店を品川区大崎にて開業。その後店舗を移転し、2022年12月に世田谷区桜上水にて”身体に優しいクレープ店 NagiCrepe”をオープン。『食を通じて笑顔を増やしたい』という想いから、食を通じた事業や仕事を追求中。

公開日:2023-01-30/閲覧数:1,301 ビュー