特集コラム すぐきヨーグルトと私と

vol.09グルテンフリーレシピブロガー taneさん

「レシピを通じて、多くの人たちがグルテンフリーのお菓子の良さを知り、健康的な生活に役立ててくれると嬉しいです。」

今回はYouTubeで「すぐきヨーグルト」とコラボして頂いたYoutubeチャンネル「taneのくらし【たねくら】」を運営するグルテンフリーレシピブロガーのtaneさんに、YouTubeや日々の暮らしのことについてお伺いしました。

小麦粉・バター不使用のグルテンフリーレシピを発信されているtaneさん。YouTubeチャンネル登録者数は1.19万人(2023年4月現在)と、多くの人に支持されています。

YouTubeをはじめた経緯とは

自分が持っている知識や経験を多くの人に伝えたいと思い始め、それが実現できるプラットフォームは何かと考えたとき、より多くの人々に知ってもらい、役立ててもらえるようなコンテンツを発信するのにはYouTubeが最適だと感じました。

また、クリエイティブな活動に興味を持っていたこともあり、動画を作ってみようと思ったのがYoutubeを始めたきっかけです。

もともと浮腫みやすい体質だったのに、グルテンフリーの食事に変えたことで浮腫むことが減りました

動画配信といっても、数あるカテゴリーの中で「グルテンフリーレシピ」を発信しようと思ったのはなぜですか?

私は子供のころから小麦粉が大好きで、小麦粉で作られたお菓子をよく食べて育ちました。私にとって小麦粉は生活の中で当たり前にある存在で、お腹がいっぱいでも食後のおやつは欠かせませんでした。当時はお菓子への執着が強く、食べ過ぎによる身体の浮腫みに悩むことも増えていました。

しかし、大人になってから「グルテンフリー」の存在を知り、興味本位で実践してみることに。すると、自分自身が気づかないうちにお菓子を食べたいという欲求がなくなり、食後も身体が軽いと感じるようになったのです。このことをきっかけに、自分でグルテンフリーのお菓子を手作りするようになりました。

その中で、小麦粉を使用するお菓子に比べ、グルテンフリーなお菓子のレシピが圧倒的に少ないことに気づきました。食べることが大好きでお菓子への執着に苦しむ人や、浮腫みやすい体質で悩む人、そしてグルテンフリーの良さを知らない人たちが多く存在していたのです。

そんな人たちが抱える悩みを解決するため、グルテンフリーなお菓子のレシピを発信していこうと決めました。

食べることが大好きで、美容に必要な栄養素についても興味を持つように

野菜や果物を摂取し、体の内側から美をつくる「ベジフルビューティーセルフアドバイザー」の資格をお持ちのtaneさん。この資格を取ろうと思ったきっかけは

大学入学後にメイクを始めたことがきっかけで、美白や美肌に興味を持つようになり、そこで美容に関する情報を日々調べるようになりました。

そこで美白にはトマトが効果的だと知ってから間食にはプチトマトを食べるようになったりと、野菜や果物の栄養素が「美」にどのように作用するのか知識をより深めたいと思うように。それがきっかけで勉強し始め、「ベジフルビューティーセルフアドバイザー」の資格を取得しました。

昔から食べることが大好きとのことですが、ご自身の中で一番気に入っているグルテンフリーレシピは?

私が一番気に入っているレシピは、米粉で作る「スマイルクッキー」です。素朴な味わいと愛らしい見た目が特徴的で気に入っています。

さらに、小麦粉・卵・乳製品不使用なので、アレルギーのある方や健康意識の高い方など幅広い人に楽しんでいただけるところもポイントです。

(グルテンフリーのスマイルクッキー レシピ動画 https://youtu.be/clJQG-5yqRE

私生活では2歳の女の子を育てる母親でもあるtaneさん。ライフスタイルやモットーなど、毎日の生活の中で大切にしていることを教えてください

子供のおやつは手作りするようにしていて、時には子供と一緒に作ったりもします。もちろん時間はかかりますが、食育の観点からも手間ひまをかける価値があると考えています。

砂糖の量も調節できて、混ぜ込む材料によって栄養価の高いおやつに仕上がるところが良いですし、子供は自分が食べているものについて意識を持つことができるところも大きなメリットです。

(グルテンフリーのアンパンマンクッキー レシピ動画 https://youtu.be/clJQG-5yqRE

特に、このアンパンマンクッキーを作ったときは、大喜びでした。

「父が無知だと貧乏になり、母が無知だと病気を引き起こす」

これはインディアンの有名なことわざだそう。このことわざを知ったとき、「母として食に対する無知が家族の病気を引き起こすことになり得る」と気づかされたというtaneさん。

毎日の食生活で大切にしていること、気を付けていることはありますか?

以前の私は「疲れたから」「面倒だから」「ラクしたいから」といった身勝手な言い訳をして、家族の食事を惣菜で済ませたりすることもしばしば。

そうすると、どうしても過剰な塩分や添加物を日常的に摂取することになってしまいます。

今では「ラクしたいから」などの言い訳をやめて、毎日の食事は無添加を心掛けるようになりました。市販のルーや素などは使用せず、手作りをすることで家族の健康に配慮しています。

味付けについては、塩や醤油、味噌など、原材料がシンプルなものを組み合わせて使うことを大切にしています。

これからやってみたいこと、今後の目標があれば教えてください

私の目標は、食に悩んでいる人やグルテンフリーレシピを求めている方々の力になることです。

日々、グルテンフリーレシピを発信している「taneブログ」や、YouTubeチャンネル「taneのくらし【たねくら】」の認知度をもっと上げて、より多くの人々にグルテンフリーの良さをを届けることができるよう、引き続きコツコツと情報発信を継続していきたいです。

発酵が進む様子を観察するのも楽しいですし、完成した時の達成感も大きかったです。

実際に「すぐきヨーグルト」を作ってみて、食べてみて、どうでしたか?

自分で作る楽しみがありました。発酵が進む様子を観察するのも楽しいですし、完成した時の達成感も大きかったです。酸味が少なく、豆乳の自然な甘みが感じられる美味しい豆乳ヨーグルトが作れました。

子供には大好きなバナナをトッピング。「美味しい!」と喜んで食べてくれています。

今回すぐきヨーグルトとコラボしてくださった動画はこちら。これから気温が上昇する季節にぴったりの可愛いキューブアイスのレシピを、発酵過程から丁寧に紹介してくださいました。ぜひたくさんの方にご覧いただきたいです。

グルテンフリーレシピブロガー

tane

【内側から綺麗・健康になる】をモットーに、美味しくて簡単なグルテンフリーレシピを発信中。小麦粉を断つ食生活が自身の体質に合っていることを実感し、グルテンフリー生活をゆるりとスタート。2020年から発信を始め、公開しているレシピ数は240種類以上。卵や乳製品を使用しないヴィーガンレシピも多数掲載。1児の母でもあり、子供と一緒に食べられるレシピの開発にも力を入れている。

公開日:2023-04-18/閲覧数:405 ビュー